ごあいさつ(高校生)

HOME【高校生】ごあいさつ(高校生)

ごあいさつ


この度は、数ある中、当塾にご縁を頂きありがとうございます。
当塾は、私の「高校生の頃、こんな塾があれば行きたかったのに」という形を具現化したものです。
現在、在籍生徒は小学生が多いのですが、この塾舎は、本来は高校生向けに建てた建物です。

ここで少し、私の体験談を聞いてください。
 
私は中学生の頃、ちょっと生意気な生徒だったので、先生には嫌われていました。
また、定期試験の勉強は、気分がのらない時は、ほとんどやりませんでした。
そのため、実力テストの学年順位の割に、通知票の点数は低めでした。

そして三年生の冬、進路指導の際に担任から、
「お前は通知表が悪いから、受験当日は、ほとんど満点取らないと受からないぞ」
と脅されることになったのです。
 
当時、私が志望していた高校(学校群)には例年、学年420人中10~15人が合格していました。
当時の私の順位は、だいたいいつも11番くらい。
非常に微妙なラインです。
結局私は、志望校のランクを一つ下げることになりました。
しかしその年、私の中学からその学校には、22人が合格しました。
この数字は一生忘れません。

その後は、ランクを下げて入った高校ですから、完全にバカにして、本当に勉強しませんでした。
今、高校生に接していてよくわかるのですが、自分は本当に信じられないくらい勉強していませんでした。
 
ところが、浪人になって、河合塾に通うこととなってから、勉強が俄然面白くなってきたのです。
自分でも不思議なくらい勉強しました。
結果、現役では信州大学に不合格だった私が、一浪で九州大学(旧帝大)と筑波大学に合格するに至ったのです。
(私が受けた年は、国立大が2校併願できたのです)

さて、そんなに勉強するようになった理由は、今の自分でも、はっきりとはよくわかりません。
しかし、一つだけわかっているのは、「学校の先生が嫌いだった」ということです。
(実は、部活でも顧問といつも衝突していました)
そしてもう一つ挙げるとすれば、「自分のペースで勉強したかった」ということでしょうか。

学校の先生も、全員のことを嫌いだったわけではありません。
嫌いだったのは、なんというか「センセイセンセイしている先生」です。
わかりにくいですよね。
上からものを見て、声が大きくて、生徒の主張を聞かないで、というような人です。
オトナになった今となっては、そういった先生の気持ちもわからなくはないのですが、結局、あの人達は、言い方や雰囲気が悪かったんだと思います。
 

※注
現在、この仕事をするようになってからは、むしろ学校の教師はめちゃくちゃ尊敬しています。
また、学校という組織はとても良くできていると思いますし、職人としては勝てる気がしません。
ただし、人間的に全員すばらしいかどうかは、また別問題です。
学校の教員には限った話ではありませんが。

 
それに対して、河合塾の講師たちは、少なくとも私の話を聞いてくれました。
くだらない質問にも、真面目に答えを調べてくれました。
威圧的ではなく、話しかけやすい人たちばかりでした。
高校時代の私には、今から思えば、そういうオトナが周りに少なかったような気がします。

また高校生の頃は、勉強の場が、自宅以外では部室くらいしかありませんでした。
市営の図書館にも行ったことはあったのですが、あまりにも勝手のきかない環境に、嫌になりました。
例をあげれば、音に神経を使う、物を置く場所が少ない、飲食禁止、休憩場所が遠い、そもそも家から遠い、などです。
自宅の机以外の、違う気分で勉強する場所が欲しかったのですが、当時の私にはありませんでした。

河合塾では、開いている教室が自習室となっていました。
「机の河合」と揶揄されるとおり、河合塾の机には余裕があって、場所を広く使えました。
同じ建物内には食堂もありましたので、休憩場所がないといった不便もありませんでした。

以上のような環境で一年間過ごして、学校や図書館は、いかに窮屈な環境だったかということを本当に思い知らされました。
 
もっと広く、もっと自由に、もっと気軽に勉強する環境を。
もっと快適に、便利に、一日中だって勉強していられるような環境を。
そういう場を目指して、当塾は作られています。
もちろん、私自身も、自分が高校生の頃に出会いたかったオトナを目指しています。
塾に通う生徒には小中学生もいますが、基本的に当塾は、高校生の為に作ってあります。
高校生の為に場所を選び、高校生の為に部屋をレイアウトしました。
開塾当初は机も椅子も、高校生に合わせたサイズを選びました。
(後に手狭になったため、講義室は机のサイズを縮小しましたが、自習室は逆に広くなりました)

以前の生徒に言われたことがあります。
 
「この塾に来てわかった。勉強する時間って、こーんなにあったんだなーって」
 
勉強時間が少ないのは、忙しいからではないのです。
環境がないだけなのです。
塾では猛勉強していても、自宅ではほとんど勉強しないという生徒もいます。
それはそれで困ったものですが、私には、その気持ちがとてもよく分かります。

 
 
当塾は、あくまで私の求める理想の塾ですので、もしかしたら万人向けではないのかもしれません。
しかし、上記のように賛同してくれる生徒がいる以上、間違っていないと信じています。
私の求め続けた理想を、あなたにも是非体験して欲しいと思っています。

学塾ヴィッセンブルク 塾長 朝倉智義


 

2.指導方針

指導方針(高)

 
3.その他

その他(高)

 
4.月謝

月謝

 
ご不明な点はお問い合わせください