ごあいさつ(中学生)

HOME【中学生】ごあいさつ(中)

ごあいさつ

この度は、数ある中、当塾にご縁を頂きありがとうございます。
昨今の経済不況の中、個人に対する社会からの要望は、ますます高まっています。
そんな世の中を勝ち抜くために必要なものは、専門的な技術か、学歴です。
当塾の中学生コースは、そんな現実主義の下で、とにかく結果を出すことを重規しています。

当塾では、定期試験対策を徹底しています。
塾としての最終目標は「国立大合格」ですが、そのための現実的な一歩は、定期試験で順位を取ることだと考えています。
高校入試だけが目標なら、学校の定期試験に合わせる必要はない、と思われるかもしれません。
しかし実際には、定期試験の結果は、本人の勉強に対するモチベーションと内申点に影響します。

定期試験で順位が出ると、とりあえず嬉しくなります。
勉強が好きになります。
そしてその気持ちが、次の試験へのやる気を沸き立たせることになります。
 
ご存じかとは思いますが、中学生とは、とても微妙な時期です。
特に女子は、教科担任が好きか嫌いかだけで、その教科の成績が上がったり下がったりします。
そんな年頃ですから、定期試験の結果は、男女を問わず、心理的に大きな影響を与えます。
できると好き。
できないと嫌い。
単純にそれだけのことのためにも、定期試験で結果を出すことは重要なのです。

さらに、定期試験の結果は通知票に影響し、その点数はひいては受験に影響します。
 
県内の大抵の高校では、内申:当日点の比率を4:6に設定しています。
これは、決して軽視できない重さです。
そのため、まず内申点を上げることを目標とします。
 
内申点を上げるために、普段の学習ターゲットは定期試験に絞っています。
定期試験では、学年順位という結果を求めます。
点数ではなく、順位です。
受験の合否は、点数で決まるわけではありません。
定員という、人数そのもので決まります。
点数なんてものは、問題の難易度でいくらでも上下しますので、信用しません。
とにかく順位です。
そして内申点です。

授業は普段から、定期試験を目標としていますので、過度な予習授業は実施しません。
また、定期試験の範囲を重要視します。
毎回、学校の進み具合を確認して、常に、次の試験範囲を意識しています。
過去(一年前・二年前)の試験範囲と、学校の進み具合を見比べ、次の範囲を推測しながら進めます。
そして、次の試験まであと何回授業があるか逆算して、やるべきことを選んでいきます。

塾によっては、学校の授業よりもずっと先に進む所もありますが、当塾では実施しません。
やろうと思えばいくらでも進むことはできます。
実際、当塾の授業は90分で学校の半月分を終わらせています。
しかし、塾はあくまで学校と二人三脚であるべきだと思っていますし、学校でまだ習わない箇所の学習は、塾以外の時間では目に触れないために、結局効率が悪いのです。
また、定期試験の範囲内でも、難問はいくらでも用意できます。

受験対策のための総合的な学習は、長期休みに模試形式の問題を使って総まとめをします。
社会・理科・国語は、ここで総合的・実戦的なカバーをします。
そして3年2学期の期末試験(=内申に関わる最後の試験)を超えたら、学校は無視です。
教科書の残りはさっさと終わらせて、ひたすら受験対策をします。
※ここ何年かは、9月頃から学校無視ダッシュを始めています。

定期試験の範囲だけを勉強するのでは実力がつかない、という考え方もあるようですが、その範囲を徹底して演習することでも、結果的にはちゃんと「実力」がつきます。
 
一例を出します。
 
下妻中学校の1年生に上がった最初のテストでは、240人中56番の子がいました。
女子です。
小学2年から当塾に来ていた子で、真面目でしたがすごく優秀というほどではなく、小学卒当時、塾で受けた実力テストでも、下妻一高にギリギリで受かるか受からないかの偏差値でした。
しかしその時に、
「今は別にいい。
中学校に入ってから、定期試験の範囲だけを徹底的にやれば、そのうちに伸びる。
一年くらい経てば、試験範囲は中学校でやった内容だけになるから、小学校の実力は関係なくなる」
と言って、定期試験攻略だけを徹底的に続けました。
 
そうしたら、最初の中間でいきなり14番。
次の期末は9番。
56番スタートからすれば快挙です。

その後は、多少浮き沈みしながらも15~20番くらいを行ったり来たりしていましたが、しばらくは、定期試験では良い点数が取れても、実力テストになるといまいち、という状態でした。
しかし3年生になると、一学期の実力テストでついに9番を取りました。
それから学年一桁を連発するようになって、無事下妻一高へと進学しました。
 
高校2年の学年末考査では、学年(理系)171人中10番を取るところまで行きました。
ただ、ずっと第一志望だった筑波大学は、さすがに断念しました。
しかしもちろん、国立大学に合格しています。
 
四年制の国立大学には、下妻一高からでも上位3分の1くらいしか行けません。
(確実に行くためには、上位4分の1に入る必要があります)
考えてみれば、下妻一高に受かるか受からないかのレベルだった子ですから、結果としては十分です。

他にも実績は語れますが、長くなってきたのでこのあたりにしておきます。
あなたが、我々と共に戦う道を選ぶことを、心より期持しております。

学塾ヴィッセンブルク 塾長 朝倉智義


 

2.授業内容

授業内容(中)

 
3.テスト

テスト(中)

 
4.その他

その他(中)

 
5.月謝

月謝

 
ご不明な点はお問い合わせください