授業内容(小4-6)

HOME【幼児・小学生】授業内容(小4-6)

概略

主に、茨城県立の中高一貫校を受験に対応した学習をします。
ただし、受験必須というわけではありません。
※県立中高一貫校以外の対策も可能ですが、以下は県立中高一貫校対策を前提とした解説となります。
→私立対策をご希望の方は、直接お問い合わせください
 
テキストは、四谷大塚の予習シリーズを使っています。
年間の講義計画も、四谷大塚のカリキュラムに準じて進めていきます。

4年生

4年生までは、中学受験に向けた基礎学力をつける期間とします。
そのために、四谷大塚予習シリーズの4年生を教材として使います。
 
●算数

算数は必須とします。
学校で学ばない特殊な解法もありますので、ご家庭での習得は、恐らく困難かと思われます。
(無理というわけではありません)
県立中高一貫校の適性検査では、建前上の試験範囲は「小学校での履修内容」となっていますが、実際には中学受験向けの特殊な「ナントカ算」を学んでいないと不利となる問題も出題されています。
 
1回の授業は90分です。

 
●国語

国語は、自信があったら受講しなくても構いません。
テキストだけを販売することも可能です。
 
塾で学習するのは、主に読解問題です。
この答えはなぜこうなるのか、を解説の中心とします。
 
1回の授業は60分で行うことが多いのですが、ご希望により90分にもできます。

 
●理科・社会

理科と社会も、受講必須とはしません。
テキストだけを購入して、自宅学習用に使っている生徒もいます。
内容は、やはり学校の先取りです。
また社会は、学校では「どちらか選択」という内容も、全て学習します。
 
塾で授業する時は、理科と社会をまとめて90分で行います。

5年生

テキストは、6年生向けの四谷大塚
「予習シリーズ 公立中高一貫校対策 理系/文系」
を使います。
 
こちらは本来、四谷大塚で5年生までを終えてから取り組む教材ですので、学校でも塾でも習ってない内容が大量に含まれています。
ですから、塾としてもそのつもりで、全て1から解説授業をしていきます。
1年を通じて一通り学んだら、6年生からは同じテキストの2周目に入ります。
 
授業は理系(主に理科)で90分、文系(主に社会)で90分です。
理系と文系は、両方とも必須とします。

6年生

テキストは、5年生に引き続き、四谷大塚
「予習シリーズ 公立中高一貫校対策 理系/文系」
を使います。
 
2周目となりますので、解説は少なめに演習中心の授業となります。
ただし、難問と思われたら適宜解説をしていきます。
 
授業は理系(理科+算数)で90分、文系(社会)で90分です。
しかし、理系の時間内に算数の問題が終わることはありませんので、やり残した問題は文系の時間に解くことにします。
 
なおこのテキストでは、国語は主に作文を書くためのトレーニングとなっているのですが、茨城県の適性検査に作文はありません。
そこで当塾も、国語は無視して理科・算数・社会の3教科を演習しています。

テキスト

当塾は、
「テキストを大量に売りつけて売り上げあがってウッハッハ」
というのがキライですので、テキストの購入は必要最低限でお願いしています。
原則として、毎週使うテキスト以外は購入いただく必要ありません。
 
また、入塾費をいただいた時だけは、いただいた入塾費の中からテキスト代を出しますので、テキスト代は不要となります。
 
授業で使わないテキストでも、テスト対策や家庭学習に使うという場合は、いつでもお取り寄せできます。
 
テキストの見本は、当塾にご用意があります。
また、四谷大塚の公式サイトにて詳細を確認することもできます。

夏期講習・冬期講習など

夏休み・冬休み・春休みは、大抵の場合で集中講習を行います。
(時には実施しない学年もあります)
 
4-5年生は通常よりも単価を下げて、塾外生も呼んで講習を実施しています。
みんなで楽しくやりましょう。
 
6年生の夏休みと冬休みは、塾外生を基本的には募集しないで、受験に向けた少々ハードな日程を組みます。
当塾には中学生も所属していますが、原則として
 

中学生よりも6年生優先

 
で予定を組みます。
毎年、解きたい問題は、やってもやりきれないほどあります。
一緒にがんばりましょう。
 
詳しいコース・受講料・日程などは、年によって変動がありますので、その時になったらお知らせいたします。


 
1.ごあいさつ

ごあいさつ(幼・小)

 
2.授業内容
・2a.幼~小3

授業内容(幼-小3)

 
3.テスト(小4~小6)

テスト(小4-6)

 
4.その他

その他(幼-小6)

 
5.月謝

月謝

 
ご不明な点はお問い合わせください