【月謝】

HOME【月謝】

概要

当塾から請求する月謝は、原則として授業料のみです。
冷暖房費、コピー代、管理費などを請求することはありません。

当塾でいただく授業料は、すべて時間単価×実施時間で算出されます。
時間単価は、同時に受講する人数によって変動します。
(人数が多い方が単価が下がります)

当塾は人手がないために、欠席されても「代わりの授業」が組めません。
そのため、やむを得ない理由で欠席される時は、授業料をお返しいたします。
無断欠席については、最低単価にて請求いたします。

お支払いは、月謝袋にて現金でお願いしています。
月謝袋には明細・エッセイ(あすなろ)・連絡事項など、色々と詰め込むことを楽しみとしておりますので、
銀行振込及び引き落としは取り扱っておりません。
その代わり、おつりは常時ご用意しております。
 

教材費

四谷大塚の教材を使って中学受験の勉強をする場合に限り、所定の教材費を請求いたします。
ただし、当塾にて必要ないと思われる教材は、別にご希望がない限り購入いたしません。
使わないテキストを売りたくありませんので、本来はセット販売の教材も、当塾は原則としてバラで入荷しています。
(当塾は、教材販売業ではありません)
 
上記以外の教材費は、頂くことはありません。
(書店における代理購入を除く)
 

入塾費

入塾費は20,000円(税込)です。
塾生及び卒業生のご兄弟の場合は、入塾費は500円(税込)です。

四谷大塚コースにご入塾の際には、最初にかかる教材費については、いただいた入塾費からお出しします。
(つまり、新規入塾の場合は、初期の教材費はかかりません)
次回以降の教材費は、別にご負担願います。
 

消費税

授業料・テスト受験料・教材費(税抜)・入塾費(税抜)の総計に、消費税を加えます。
その税込み額から、100円未満を切り捨てたものを月謝請求額とします。
 

請求日など

月謝の計算は20日締めで、翌月20日までの授業料を見込みで請求します。
次回請求時に、実際に受講した時間を計算して、見込額との差があったときは、さらに翌月分との差し引きで請求額を算出します。
月謝袋は、月末……を目標としてますが、月初めになることが多いです。最近は。
月謝の締切日は特に設けませんが、次の月謝袋を発行するまでに持って来てくださると助かります。
 

月謝詳細

それぞれの月謝例は、以下をご覧ください

 

1.幼児・小学1年生・2年生・3年生

幼児~小学3年生

 

2.小学4年生・5年生・6年生

小学4年生~6年生

 

3.中学生

中学生

 

4.高校生

高校生