中等部コース【中学生】

HOME中等部コースコース【中学生】

ごあいさつ

この度は、数ある中、当塾にご縁を頂きありがとうございます。
昨今の経済不況の中、個人に対する社会からの要望は、ますます高まっています。
そんな世の中を勝ち抜くために必要なものは、専門的な技術か、学歴です。
当塾の中等部では、そんな現実主義の下で、とにかく結果を出すことを重規しています。

当塾では、定期試験対策を徹底しています。
塾としての最終目標は「国立大合格」ですが、そのための現実的な一歩は、定期試験で順位を取ることだと考えています。
高校入試だけが目標なら、学校の定期試験に合わせる必要はない、と思われるかもしれません。
しかし実際には、定期試験の結果は、本人の勉強に対するモチベーションと内申点に影響します。

定期試験で順位が出ると、とりあえず嬉しくなります。
勉強が好きになります。
そしてその気持ちが、次の試験へのやる気を沸き立たせることになります。
 
ご存じかとは思いますが、中学生とは、とても微妙な時期です。
特に女子は、教科担任が好きか嫌いかだけで、その教科の成績が上がったり下がったりします。
そんな年頃ですから、定期試験の結果は、男女を問わず、心理的に大きな影響を与えます。
できると好き。
できないと嫌い。
単純にそれだけのことのためにも、定期試験で結果を出すことは重要なのです。

さらに、定期試験の結果は通知票に影響し、その点数はひいては受験に影響します。
 
県内の大抵の高校では、内申:当日点の比率を4:6に設定しています。
これは、決して軽視できない重さです。
そのため、まず内申点を上げることを目標とします。
 
内申点を上げるために、普段の学習ターゲットは定期試験に絞っています。
定期試験では、学年順位という結果を求めます。
点数ではなく、順位です。
受験の合否は、点数で決まるわけではありません。
定員という、人数そのもので決まります。
点数なんてものは、問題の難易度でいくらでも上下しますので、信用しません。
とにかく順位です。
そして内申点です。

授業は普段から、定期試験を目標としていますので、過度な予習授業は実施しません。
また、定期試験の範囲を重要視します。
毎回、学校の進み具合を確認して、常に、次の試験範囲を意識しています。
過去(一年前・二年前)の試験範囲と、学校の進み具合を見比べ、次の範囲を推測しながら進めます。
そして、次の試験まであと何回授業があるか逆算して、やるべきことを選んでいきます。

塾によっては、学校の授業よりもずっと先に進む所もありますが、当塾では実施しません。
やろうと思えばいくらでも進むことはできます。
実際、当塾の授業は90分で学校の半月分を終わらせています。
しかし、塾はあくまで学校と二人三脚であるべきだと思っていますし、学校でまだ習わない箇所の学習は、塾以外の時間では目に触れないために、結局効率が悪いのです。
また、定期試験の範囲内でも、難問はいくらでも用意できます。

受験対策のための総合的な学習は、長期休みに模試形式の問題を使って総まとめをします。
社会・理科・国語は、ここで総合的・実戦的なカバーをします。
そして3年2学期の期末試験(=内申に関わる最後の試験)を超えたら、学校は無視です。
教科書の残りはさっさと終わらせて、ひたすら受験対策をします。

定期試験の範囲だけを勉強するのでは実力がつかない、という考え方もあるようですが、その範囲を徹底して演習することでも、結果的にはちゃんと「実力」がつきます。
 
一例を出します。
 
下妻中学校の1年生に上がった最初のテストでは、240人中56番の子がいました。
女子です。
小学2年から当塾に来ていた子で、真面目でしたがすごく優秀というほどではなく、小学卒当時、塾で受けた実力テストでも、下妻一高にギリギリで受かるか受からないかの偏差値でした。
しかしその時に、
「今は別にいい。
 中学校に入ってから、定期試験の範囲だけを徹底的にやれば、そのうちに伸びる。
 一年くらい経てば、試験範囲は中学校でやった内容だけになるから、小学校の実力は関係なくなる」
と言って、定期試験攻略だけを徹底的に続けました。
 
そうしたら、最初の中間でいきなり14番。
次の期末は9番。
56番スタートからすれば快挙です。

その後は、多少浮き沈みしながらも15~20番くらいを行ったり来たりしていましたが、しばらくは、定期試験では良い点数が取れても、実力テストになるといまいち、という状態でした。
しかし3年生になると、一学期の実力テストでついに9番を取りました。
それから学年一桁を連発するようになって、無事下妻一高へと進学しました。
 
高校2年の学年末考査では、学年171人中10番を取るところまで行きました。
ただ、ずっと第一志望だった筑波大学は、さすがに断念しました。
しかしもちろん、国立大学に合格しています。
 
四年制の国立大学には、下妻一高からでも上位4分の1くらいしか行けません。
考えてみれば、下妻一高に受かるか受からないかのレベルだった子ですから、結果としては十分です。

他にも実績は語れますが、長くなってきたのでこのあたりにしておきます。
あなたが、我々と共に戦う道を選ぶことを、心より期持しております。

学塾ヴィッセンブルク塾長・朝倉

授業方式について

当塾の授業は、超少人数授業で行われます。
一クラスの定員は、原則として6人です。
ただし、生徒全員の意識レベルが高い場合は、もう少し多い人数でも受け入れられます。
 
また、生徒のレベルによっては、6人未満でも、さらにクラスを分割する場合があります。
人数は少ないですが、あくまで「一斉授業」ですので、「個別指導」ではありません。

いわゆる個別指導は、大部屋を簡素なついたてで仕切っただけの中で行われますので、周囲の様子が気になって、落ち着いて勉強できません。
(至る所から話し声が聞こえる図書館、を想像してください。これと同じ状況です)
個別指導方式は儲かると同業者からも言われたことがありますが、結果を出せない以上、当塾では採用しません。

教科について

普段の授業は、英語と数学を行います。
教材は、教科書以外は全てこちらで用意します。
教材費は全く必要ありません。
1週間の基本メニューは、英語90分×1日、数学90分×1日です。
 
ただし、ご希望と時間割の空き具合によっては、時間や回数を増減できます。
テスト直前や夏休み・冬体みなどでは、他の教科の授業を行うこともあります。
詳細は、「その他の教科」をご覧ください。

英語

英語は、教科書本文の丸暗記を行います。
文法の解説は、原則として学校に任せます。
(必要に応じて解説することもあります)
 
暗記には、かなりの集中力を使いますので、最初は非常に疲れるかもしれません。
しかし大丈夫です。
すぐに慣れます。
先輩達もこれでやってきました。
 
また、毎回暗記に頭を使ううちに、暗記力も上がってきます。
さらに、ここで磨いた暗記力・集中力は、他の教科の勉強にも必ず役立ちます。

数学

まずは、教科書を高速で進めます。
公式の成立に至る道筋などは、全て学校に任せて、塾では結果だけを言います。
教科書の「問い」や「章末問題」を解くための、最低限の解説で進めます。
 
教科書の内容がこなせたら、ワークで演習します。
ワークでは物足りなくなったら、市販の問題集を使います。
塾長が数学好きですので、その気があれば、かなりの難問まで用意できます。
 
数学は、問題数をいかにこなしたか、が結果につながります。
そのために、理論の解説よりも、問題演習重視という方針をとっております。
 
3年生2学期の期末試験が終わったら、一気に教科書を終わらせます。
(超速授業:超速授業の例を動画で見る

数学に関しては、例年、学校の授業が遅れて、私立高校の入試までに教科書が終わらないという事態が、実際に毎年毎年起こっています。
「学校で、習ってないところが入試に出る」という最悪の事態が、本当に起こっています。
今年もありました。
昨年もありました。
その前もありました。
これに関しては、学校には期待できません。
ただでさえそういう状態のところに、24年度からは教科書の内容が増えた為に、中学校の先生もあきらめて、「あとは自分でやって」だそうです。
中学校も、色々と限界のようです。
 
当塾では、英語共々、冬休み開始までに教科書の内容を終わらせています。
これによって、冬休みからは、実戦向けの総合演習をスタートしています。

※ その年の生徒の希望次第で、超速授業を9月頃から開始することもあります。

その他の教科

原則として、普段の授業では数学と英語だけですが、定期試験前には何でも教えます。
以前、週に60分ずつ理科を教えていたこともあったのですが、数学のような超速授業で進めていくと、すぐにやることが無くなってしまいました。
その反省から、定期試験直前だけ、を原則としています。
 
もちろん、試験前以外でも、教えて欲しいことがあったらいつでもお答えできます。
特に理科の電気・圧力・気象・天体などという「みんなの苦手」は、こちらも把握しております。
 
夏休みや冬休み期間には、英数以外も実践的な問題を使って総括的に講義します。
中3の理科は、数学同様に冬休みまでに教科書を終わらせて、以降は過去問演習に入れるようにします。

入塾テスト

茨城統一テストを利用して、入塾テストを行うことがあります。
時間は各教科40分(中3は50分)×5教科です。
範囲はそれまでの履修内容全てです。
テストの目的は、効率よい授業をするために、生徒のレベルを揃えることです。
明らかに平均より下の点数をとる場合は、入塾をお待ち頂くことがあります。
 
なお、定期試験や実力テストの結果によっては、入塾テストは免除いたします。
テスト結果は、点数ではなく、順位でお願いします。

進級テスト

毎年3月末前後に、進級テストを行います。
その他の時期に、不定期に行うこともあります。
その結果、合格基準に達しない場合は、他塾への移動をお勧めする場合があります。
 
基準に関する詳細は、その時にお知らせいたします。

模試

年に数回、茨城統一テストを受験して頂きます。
塾生は必須です。
茨城統一テストとは、茨城県内の学習塾の集まりが主催している模試です。
県内偏差値と、それによる志望校判定が出されます。
茨城の県立高校の傾向に沿って出題されるため、志望校判定はかなり信用できます。
また、受験人数は茨城の塾向けテストの中では最大だとのことです。

茨城統一テスト協議会が定める受験料は、1回4,000円です。
が、当塾では、塾生に限り無料としています。
(テスト代は、当塾で負担しています)
 
教科は英国数社理の5教科で、制限時聞は1-2年が40分、3年が50分です。
ただし、3年の夏までは、時間前に終わったら次の教科に進んでいいことにしますので、実際には5教科で2.5~3時間くらいで終わります。
 
受験日は、時間割の都合上、主に土・日・祝日となります。
この模試が進級テストを兼ねることがあります。
不合格者には他塾のご紹介もいたします。

休日

当塾では、祝日でも通常通りの授業を行います。
日曜日は通常授業を休みますが、それ以外のテストや講習を行うこともあります。
年末年始とお盆のみ、数日間のお休みを頂きます。

月謝

当塾から請求する月謝は、原則として授業料のみです。
それ以外に冷暖房費、コピー代、管理費などを請求することはありません。
使う教材も、基本的に教科書と学校で使っているワークだけですので、教材費はかかりません。
 
入塾費は20,000円です。
ただし塾生及び卒業生のご兄弟の場合、入塾費はいただいておりません。
 
当塾でいただく授業料は、すべて時間単価×実施時間で算出されます。
さらに、同時に受講する人数によって時間単価が変わります。

例:1回90分・週2回の場合の授業料
受講人数 1人(1対1) 2人 3人 4人
1回あたり ¥4,500 ¥3,750 ¥3,600 ¥3,450
週2回×4週分合計 ¥36,000 ¥30,000 ¥28,800 ¥27,600

※単独固定受講(1対1のみ指定)の場合は、別の料金となります。ご相談ください。

当塾の月謝は、先払い・欠席返金方式です。
病気や家庭事情によりやむを得ない欠席分は、次回請求時に返金します。
明細は、月謝袋に入れてお渡しします。

当塾では、成績優秀者を優遇します。
定期考査・実力テストの学年順位が上位10%以内に入った場合は、翌月の月謝を無条件に半額とします。
学年総合1位に限っては、翌月の月謝は9割引きとした上で、図書カードを進呈いたします。

 
割引きとなるのは、当塾から請求する全てが対象となります。
当然、夏期講習や冬期講習なども同様に割引きします。
 
1・2年生は年に7~8回、月謝半額のチャンスがあります。
3年生は、毎月が半額となることもあります。
実際、そういう生徒も珍しくありません。
がんばってください。

当塾の方式について

当塾では、飲み物を飲みながら受講してもいいことにしてあります。
コーヒー・紅茶・ココアなどは常時ありますので、飲み放題としてあります。
もちろん、水筒やペットボトルなどの持ち込みでもかまいません。
 
欠席・遅刻・その他ご相談などの諸連絡に、携帯メールを活用しています。
自宅学習で、わからない問題がありましたときに、画像を送受信して解説することもできます。
 
授業の終わりごとに、集中度などの項目を、5段階評価で自己評価していただきます。
また、当塾からも授業態度などを5段階評価します。
この結果は毎月集計して、月謝袋と共にお渡しします。

また、前回までの内容を確認するため、毎回の授業の記録を取っています。
せっかくですから、こちらも縮小コピーして、月謝袋に同封します。
ただし本来自分用のメモですので、字は相当汚いです。ご容赦ください。
 
月謝袋には、他に「あすなろ通信」と称する塾長のエッセイ(?)も同封しています。
知識の幅を広げることができるかもしれません……ので、ご笑覧ください。
中学生から高校生ぐらいが続むことを想定して作文しています。
 
自分の子供だと思って授業しますので、少し厳しいことを言う時もあります。
その点ご理解ください。