雑記帳(あすなろ)

HOME雑記帳(あすなろ)あすなろ232 素敵なLED

あすなろ232 素敵なLED

2021年11月12日投稿

 
 
 
2021.03号
 
 
LEDです。
ライトです。
 
昔は、発光ダイオードという名称でした。
しかし最近はこれに限らず、
何でもかんでもアルファベットの略称にしてしまって、
同音異義語を増やすだけということになっています。
 
そもそも、アルファベットの頭文字を並べただけの略称というのは、
日本語みたいには文字数がコンパクトに収まらない言語圏の、
苦肉の策なんですよね。
 
有名どころで言えば、例えばUNICEFとか。
あれの正式名称は、
 

the United Nations International Children's Emergency Fund

 
……って言うんですけど、日本語では
 

国連児童基金

 
の六文字です。
すごいでしょ。
 
司会という短い言葉を、
わざわざMCと言い換えて喜んでいるマスコミって、
本当にアホだなあと思っています。
 
(↓「MC」の例)
 



 
※ ちなみに、私にとってのMCとは、モーターサイクルです。


 
それは今回の本題じゃ無いのでそこまで。
 
LEDといえば今や、
電気代が安くて寿命が長いし、
蛍光灯と違って即座に明るくなるということで、
なんとも理想の明かりですが、
値段が高いのがネックです。
 
ところが、LEDがサイコー、CO2削減万歳と、
政府関係を中心として宣伝されているものですから、
売れちゃっているわけです。
 
高いものが売れたら、当然企業は儲かります。
ですから、安物なんかもう作ってられないということで、
白熱電球も蛍光灯も、
次々と生産をやめる宣言をしている真っ最中です。
 
中学入試の中でも、公立一貫校(茨城県立の中等など)の適性検査では、
社会的テーマに算数をからめた問題として、
LEDの問題がありました。
買うときは高いけど、電気代は安いし長持ちするから、
最後は割安なんだという計算をさせるような問題です。
 
確かに、今でも電器屋さんに行くと、
 
「LEDなら光熱費がわずか○○%」
 
なんて書いたポップが並んでいます。
ワット数で比較すると、
おおよそ13%くらいで済むらしいですね。
へー。
そんなに安くなるのなら、買っちゃおうかな。
 
でも、ちょっとだけ待ってね。
 
LEDの比較対象は、ほぼ間違いなく白熱電球です。
白熱電球を使っているご家庭も、無いとはいいませんが、
今は普通は蛍光灯ですよね。
しかし蛍光灯と数字を比べたものは、
今のところ、店頭では見たことがありません。
 
理由は簡単です。
だいたい想像がついたとは思いますが、
蛍光灯とLEDでは、白熱電球ほどの差が付かないからなのです。
さらに言ってみれば、
買い換えをしようという気を起こすほどの違いにならないから、
とも言えるでしょう。
 
調べてみました。
 
同じ明るさで比較すると、
LEDはだいたい蛍光灯の75%から50%くらいの
電気代で済むことが多いようですね。
 
50%ならともかく、75%だと、ちょっと迷いますね。
なんせLEDって高いですから。
 
ん?
でも以前調べたときは確か、
5%くらいしか違わなかったような気がしたなー
 
……と思ってもっと調べたら、ありました。
 
私が以前迷ったのは、塾の談話室の明かりです。
あれを白熱球から買い換えるときに調べてみたんです。
 
すると、「電球型・電球色」という条件では、
 
電球型蛍光灯:10W
電球型LED:9.6W
 
……ほらね。
違いは4%です。
 
そして、お値段はLEDが蛍光灯の3倍。
 
ま、買いませんよね。
 
でもあくまでこれは、何年か前の話です。
 
今ではもっと低価格のLEDを売るメーカーが登場しまして、
蛍光灯とほぼ変わらないようなものもあります。
あと、何よりもLEDは長持ちで、
蛍光灯の寿命6年に対して、
その3倍の18年も持つと言われています。
 
だったらもう、LEDがお得に決まってますよ。
アマゾンで安いの買っちゃいますか。
 



 
んん~?
なんか怪しいぞ~。
 
やっぱり、ちゃんとしたメーカーのものじゃないとダメみたいですね。
ちょっと高くても、高いだけの理由があるというわけです。
 
経験的にも、工業製品の値段の差ってのは、
耐久性に関わることがほとんどです。
これは、クルマの部品で比べるのが一番わかりやすいです。
メーカー純正部品は高いんですけど、
その分、壊れませんし錆びません。
 
というわけで、どうせ買うんでしたら、
ちゃんとしたメーカー製のLEDランプに決定ですね。
なんせ18年も持つらしいですし。
 
よおーし。
ついに買うぞー。
では一応、ウィキペディア様にお伺いを立てまして。
 



 
だはははは。
 
……ぼくやっぱり、また今度でいいや。
 
一応フォローしますと、
点灯させたときの即応性は、蛍光ではLEDにはかないません。
用途によって使い分けるのが良さそうですね。
 
学塾ヴィッセンブルク 朝倉智義