雑記帳(あすなろ)

HOME雑記帳(あすなろ)

一覧

「あすなろ」は、毎月の月謝袋に入れているエッセーです。
生徒にとって、いつかどこかで役に立つかもしれない知識になればいいなあ、と思いながら書いています。

対象は中学生くらい(小学校高学年?)から大人までです。

↓サイト内検索

 

 

あすなろ60 冥王星(過去記事)

2018年3月6日

      2006.10号   冥王星ですよ冥王星。 「太陽系の惑星」では無くなるんですって。   惑星占いで商売している人たちは、きっと大慌てでしょうね。 ワハハハザマミロ。   実をいうと、冥王星が惑星として認められるかどうか、という議論は、しばらく前からあったことで...

詳細はこちら

あすなろ77 星占い(笑)(過去記事再掲)

2018年3月6日

      2008.03号   冥王星くんのことを、覚えていますか?   2006年の夏ごろ、太陽系の惑星の定義が新たに決まり、冥王星は惑星から外れることが決定しました。 そのあたりの詳しいいきさつや定義の話は、私も当時、あすなろ60(2006.10)号に書いたものです。   ...

詳細はこちら

あすなろ140 助数詞(過去記事再掲)

2018年3月6日

      2013.06号   子供同士の会話を聞いていると、時に面白い発見をすることがあります。   例えばゲームの「レベル」の話。   ポケモンなどで、自分のレベルが今いくつなんて話を聞いていると、小学生の場合は、「レベル5」という言い方はしないんですよね。 「5レベ」なん...

詳細はこちら

あすなろ152 胡瓜とソグド人(過去記事再掲)

2018年3月6日

      2014.06号   我が家には幼稚園児がいます。 この園児が通っている幼稚園は、週三回が弁当となっています。 なので私は週三回、弁当を作っています。 上の子二人の時は、別の幼稚園だったのですが、そちらは毎日弁当だったので、以前は毎朝弁当を作っていました。   とはいえ、初めての朝はもう、...

詳細はこちら

あすなろ151 自衛隊最新装備(過去記事再掲)

2018年3月6日

      2014.05号   日本という国は、本当にハイテクな国です。 日本にあるものが外国にはない、というわけではありませんが、日本では当たり前の品質が、他の国では最高級品にあたる、ということはよくあります。   例えば、紙。   外国の文庫本を見るとわかるのですが、ザラザ...

詳細はこちら

あすなろ148 静電気(過去記事再掲)

2018年3月6日

      2014.02号   中学生向け英作文の問題で、 「あなたの好きな季節を、その理由もつけていいなさい」 なんてのが時々あります。   普通は、好きな季節よりも、嫌いな季節の方が理由がつけやすいと思うのですが、嫌いな季節を答える問題には、多分これまでに出会った記憶がありません。 嫌いだという...

詳細はこちら

あすなろ139 植物の系統分類(過去記事再掲)

2018年3月6日

      2013.05号   学校の教科書の内容は、最新の学説に比べると古い、なんて話はよく聞きます。 しかし、だからといって、教科書の内容を否定するのは、私はあまり好きではありません。 教科書の内容は、あくまで基礎知識であって、一般常識である、と解釈していますので。   もちろん、あんまり大幅に内...

詳細はこちら

あすなろ127 君が代(過去記事再掲)

2018年3月4日

      2012.05号   我が家では、朝日新聞と産経新聞を購読しています。   ご存じの方はご存じでしょうが、大手全国紙では、朝日が一番のリベラル=左派で、産経が一番の保守=右派です。 要するに、一つのことに対する評価が正反対のことも珍しくなく、読み比べると、とても楽しいのです。 &nb...

詳細はこちら

あすなろ142 鳥のお話(過去記事再掲)

2018年2月23日

      2013.08号   先日、我が家の四歳児に請われて一冊の本を買いました。 紙工作の本「NEOクラフトぶっく りったいとり館」です。     さて、それはいいのですが、できあがった鳥で遊び始めて、「白鳥ってなんて鳴くの?」と言われて困りました。 わたしゃ鳥はあまり詳し...

詳細はこちら

あすなろ150 イソップ(過去記事再掲)

2018年2月19日

      2014.04号 「うさぎとかめ」ってご存じですよね。   日本人にとっては、「遅い動物=カメ」という共通認識を定着させるほど身近な話(注:西洋人にとっては、遅い動物=カタツムリです)ですが、これがイソップ童話と認識している人って、どのくらいの割合でいるものでしょうか。   日本の歴史も古...

詳細はこちら

あすなろ149 味覚のお話(過去記事再掲)

2018年2月17日

      2014.03号   「しょっぱい」ですか? 「塩辛い」ですか? 塩味がきついときの表現です。   どうも関東近辺の方は、ほぼ「しょっぱい」のようですが、私が育った愛知県では、「塩辛い」もしくは単に「からい」でした。   そういうわけで、家でも塩が強いときに思わ...

詳細はこちら

あすなろ番外編 祝辞とか挨拶とか(再掲)

2018年2月14日

今回は、私が過去におこなった挨拶(祝辞・謝辞)のお話です。 年が明けるとすぐに年度末ですね。 教科書の残りページを見る度に、 卒業や入学シーズンが近づいてきていることを実感します。   入学式や卒業式に出る度に思うのですが、 決まって行われる「祝電代読」と「保護者代表挨拶」は、 二大眠くなるタイムだと感じています。 特に祝電の市長挨拶。 あれもっと短くならな...

詳細はこちら

あすなろ195 カタツムリの触角

2018年2月9日

      2018.01号   中学受験対策として、六年生に理科の総復習をしていたときのことです。   小学三年生の理科では、昆虫の特徴として「頭・胸・腹に分かれている」などを習うわけですが、教科書には昆虫以外の虫として、クモとダンゴムシの図が入っています。   こういうときに私は、...

詳細はこちら

サイトをリニューアルしました。

2018年1月15日

スマホ時代に対応すべく、サイトをリニューアルいたしました。 だいぶイメージは変わりましたが、今後も当サイトをよろしくお願いいたします。 これまでアップしていた「あすなろ」が全て消滅しましたので、徐々に上げ直していきます。...

詳細はこちら