雑記帳(あすなろ)

HOME雑記帳(あすなろ)

一覧

「あすなろ」は、毎月の月謝袋に入れているエッセーです。
生徒にとって、いつかどこかで役に立つかもしれない知識になればいいなあ、と思いながら書いています。

対象は中学生くらい(小学校高学年?)から大人までです。

↓サイト内検索

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索
 

 

あすなろ175 アブラナ(過去記事)

2018年4月17日

      2016.05号   五月です。   春の花といえば桜でしょうが、桜が散っても春はまだ続きます。 虫好きの私にとっては、五月にカマキリが孵化するまでは、まだ本格的な春は始まっていません。 または、望遠鏡を立てようにも風が強すぎるわ黄砂で空は霞むわ屋上は寒いわで、天文部がグダグダと落書...

詳細はこちら

あすなろ186 霊が見えてしまったら(過去記事)

2018年4月17日

      2017.04号   ウチのカミサンは、本読みです。 よく図書館に行っては本を借りてきています。 枕元に、図書館の本が途切れることはありません。 書店で買うことも多いのですが、図書館からは「試しに読んでみたい本」「目を通せばいい程度の買うまでもない本」を借りてきているようです。 そのため、分厚...

詳細はこちら

あすなろ157 オナガグモ・ユカタヤマシログモ(過去記事)

2018年4月11日

      2014.11号   「サイエンス・キッズ」という、学園都市を中心に、小中学生向けに行われている科学体験教室があります。 これを主催している芳賀和夫・元筑波大教授という人が、私の大学時代の恩師ということもあって、私も「キッズ」に登録させていただいております。 タテマエはキッズといいながら、実際には解説補助要員だったりすることも多いの...

詳細はこちら

あすなろ193 ゲノム解析と分類学(過去記事)

2018年4月11日

      2017.11号   生物の分類のお話です。   中学校の理科の教科書を見ると、植物の分類では最初がコケ、次にシダ、と分かれていきます。 そして裸子植物、被子植物と続いて、次の分類が単子葉類と双子葉類、さらに離弁花と合弁花という順になっているはずです。   一方、動物...

詳細はこちら

あすなろ191 乗り物酔い論(過去記事)

2018年4月9日

      2017.09号   車酔いの話です。 持論展開です。   多分、10年くらい前のことです。 運転免許センターで、ドライブシミュレータというものを体験したことがあります。 でっかい画面の前に座って、アクセルを踏むとその通りに画面が進んでいきます。 時々人や車が飛び出してく...

詳細はこちら

あすなろ137 ベーコン(過去記事)

2018年4月9日

      2013.03号   先日、知人との雑談の中に、ベーコンは生で食べられるかという話が出てきました。 で、そもそもベーコンって何か? 薫製(くんせい)でいいのか? ハムは? ソーセージは? という話になってしまったので、調べます。   まずベーコンからいきます。 ...

詳細はこちら

あすなろ125 ご先祖様(過去記事)

2018年4月9日

      2012.03号   我が家では、よく市の図書館から本を借りてきます。 そしてたまに、手許に置いておきたい本を見つけると、後日買ってしまうことがあります。   先日も、たまたま借りた本を娘(三歳)がいたく気に入ってしまって、まあ買ってもいいかなというようなものだったので、買ってしまいました...

詳細はこちら

あすなろ114 三種の神器(過去記事)

2018年4月9日

      2011.04号   三種の神器(さんしゅのじんぎ)というものがあります。 「天皇の証」ともいえるもので、天皇家に代々伝わってきました。   三種の神器といえば、中学生なら社会の歴史で「戦後の高度成長期に云々」という電化製品を思い浮かべるかもしれませんが、こちらは天皇家の三種の神器になぞら...

詳細はこちら

あすなろ22 グルタミン酸(過去記事)

2018年4月9日

      2003.08号   前回、アミノ酸飲料について、朝倉的解釈をさせていただきました。 ついでですので、もう一つ、有名アミノ酸について、私なりの考察を書いてみます。   加工食品の成分表示のなかに、かならずと云っていいほど登場するのが「調味料(アミノ酸等)」と「香料」です。 これが二つ...

詳細はこちら

あすなろ39 日本語・茨城弁の発音(過去記事)

2018年4月7日

      2005.01号   子供に字の読み方を教えていると、時におもしろい発見があります。   外国の言葉って、日本語に比べて発音と表記にギャップを感じることがありますよね。 個人的には、まず思いつくのがフランス語。 自動車メーカーの「ルノー」は、フランス語で表記するとRenaultです。...

詳細はこちら

あすなろ138 ネコヤナギ(過去記事)

2018年4月7日

      2013.04号   塾の前のネコヤナギが満開です。   ……と言うと、不思議そうな顔をする人がいるのですが、ネコヤナギも花が咲きます。 あの「ふわふわしっぽ」が花なのです。   「花らしくない花」といえば、他にはススキやトウモロコシ、マツなどがあります。 &n...

詳細はこちら

あすなろ93 オオカミ、コウモリ(過去記事)

2018年4月7日

      2009.07号   世間的に、ある固定的なイメージを持たれる動物がいます。 例えば、ライオンは百獣の王、ゾウは慈悲深い、キツネはずる賢い、カメはのろま、カラスは腹黒い、等々。   このイメージは、幼児向け絵本や児童文学において、登場キャラクターの性格付けをする際に、便利に使われています。...

詳細はこちら

あすなろ92 探査機はやぶさ(過去記事)

2018年4月7日

      2009.06号     「はやぶさ」をご存じでしょうか。   2010年の地球帰還に向けて、現在火星と小惑星帯の間を周回中の惑星探査機です。 2005年、小惑星「イトカワ」に接近したときには話題になりましたが、世間的にはそれっきりで、その後のドラマはご存じないかもしれませ...

詳細はこちら

あすなろ98 ダストトレイル(過去記事)

2018年4月6日

      2009.12号   ここ最近、マスコミニュースで、天文ネタが取り上げられることが多くなった気がします。 テレビの天気予報がバラエティー化して、各局で視聴率を競うようになってから、天気予報のついでにそんなことを言うようになったのかなあなんて思っていますけど、テレビを見ない私はよくわかりません。 ただ、比較...

詳細はこちら

あすなろ135 彗星(過去記事)

2018年4月6日

      2013.01号   天文年鑑などによると、来年(2013年)は彗星の当たり年なのだそうです。   っていう話をしていたら、彗星って何?と質問をする中学3年生が……   確かに、彗星のことは、学校の理科ではちゃんとは習いませんよね。 ここで説明いたします。 &n...

詳細はこちら

あすなろ158 箸(過去記事)

2018年4月6日

      2014.12号   大学生の頃、山登りをやっていました。   どこの世界にも身内にだけ通じる「専門用語」というものはあると思いますが、山でもやはりありまして、例えば、ロープはザイルと呼びます。 このくらいなら、小説やマンガなどで聞いたことがあるかもしれません。   ...

詳細はこちら

あすなろ189 愛知時計電機(過去記事)

2018年4月6日

    2017.07号   塾生はご存じかと思いますが、当塾には振り子時計があります。 本物の機械式ですので、月に一回、ゼンマイを巻いています。   この時計、購入したのは平成27年(2015)で、ネットオークションでたまたま出ていた新品を入手したものです。 製造年は不明ですが、おそらく昭和の末期のものでしょ...

詳細はこちら

あすなろ95 血液型人間学?(過去記事)

2018年4月4日

      2009.09号     以前からこれを読んでいる方は十分ご承知だと思いますが、私は「科学の人」です。 科学的に正しいと証明されていないことは信用しません。 定期的に現れては消えるエセ科学~マイナスイオンだの、アミノ酸ダイエットだの、トルマリンだの~のブームは、私にとっては嘲笑(ちょうしょ...

詳細はこちら

あすなろ132 牛乳(過去記事)

2018年4月4日

      2012.10号   涼しくなってきました。   冷蔵庫の牛乳が一日1リットルでは足りない季節もそろそろ終わりですが、いかがお過ごしでしょうか。   ウチの子供達は、みんな牛乳好きです。 のどが渇いた時には水か牛乳です。 私も子供の頃は同じでした。 小学生...

詳細はこちら

あすなろ147 アンパンマン(過去記事)

2018年4月3日

      2014.01号   平成25年も、すっかり暮れてきました。   私が一年間、娘に着せる服のことばかりを考えているうちに、世間様ではいろいろなことがあったようです。   その中で、ヲタクな私的に最も大きかったニュースは、やなせたかし氏の訃報でした。 94歳の大往生でし...

詳細はこちら